大阪、枚方公園でフレンチなら、BISTRO Le Passage~ビストロルパッサージュ~。

今まで味わったことのない新しい愉しみを発見する。ランチ・ディナーそしてバー。3つの異なる場面で、その日の素材の状態、気候、

お客様のお好みに合わせた料理を楽しむことができる「ル・パッサージュ」。
メニューだけでなくインテリアや食器やグラスにいたるまで、お料理の雰囲気に合わせて選び抜かれたものばかり。
その日の気分や目的に応じて使い分け、ル・パッサージュの芸術的な料理世界を心ゆくまでお楽しみください。

おいしい時間を心地いい空間で

デザイナー時代に開花したアーティスティックな感性は料理はもちろん、インテリアや食器、グラスにいたるまでそのすべてがオーナーシェフ藤下貴夫の空間芸術としての作品です。
ですが、押し付けはいたしません。お客様のコンディションやおひとりおひとりのお好みを直接シェフにお申し付けいただけたり、お聞きできる様にオープンキッチンとなっております。
店内に広がるおいしい香りと共に小さな贅沢をちりばめた上質なひとときをご堪能下さい。

ディナーはやわらかな照明に包まれてランチやバーはおひとりでもたのしめるカウンターで、バーは照明が一段と落ちて、アラカルト料理と共に非日常の世界にゆったりと流れる時間を過ごしたい時におすすめです。
シーンやその時の気分で選んでいただけるのもル・パッサージュの魅力のひとつ。きっとお気に入りと感じていただけるはず。
いつもあなたの特別席をご用意してお待ちしております。

お迎えのスタンス

ル・パッサージュではフレンチにありがちな画一的なサービスは存在しません。ドアを開けてお迎えするときに「いらっしゃいませ。」

とは申し上げないことが多々あります。
両親が割烹料理を営んでいたときの様に「よくいらっしゃいました」の想いを込めて、「こんにちは。」「こんばんは。」と笑顔でお迎えします。
毎週来てくださる方も、初めていらした方も同じようにくつろいで過ごしていただきたい。
それがビストロである私たちのスタンスです。

ご予約の際におしえて頂きたい事

ご予約の際におしえて頂きたい事があります。
まず、お食事の目的。家族のバースデーだったり、お客様との会食だったり、又、アレルギー等やお好みの食材や味付け、量のご相談など情報は多いほうがいいのです。コースを選ばれたとしても、お客様は同じ料理をリザーブする訳ではないのです。ル・パッサージュのおもてなしの特長なのです。
例えば、バースデーの方のお名前をデザートのプレートにチョコソースで書いたり、ローソクをおつけしたり、プレゼントの花束をご用意したりと、お迎えしたときのちょっとした世間話の間に新たなサービスをプランすることもあるのです。どうぞ、ル・パッサージュでは、どんどんわがままをおっしゃって下さい。